まさひろ林檎園農業日記

まさひろ林檎園の日々の出来事を紹介!りんご作りの作業や失敗談など・・・!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年は人工受粉が大事かも!

みな様、おはようござます。

今年は、人工授粉をやっています。

なぜか?と言うとりんごの開花が史上2番目に遅く、小玉傾向にあるというのです。

ですので、一刻も早く受粉させ結実を確実にし良品を作るためです。

うちでは、この機械を使って受粉を行っています。

これは、「らぶたっち」と言う機械です。

ネーミングはちょといやらしい表現ですが、・・・!

そこは置いといて、

棒の先に付いている毛は、ダチョウの羽です。

棒の先から花粉が噴出して、羽にくっつき、その羽で花を撫でると

花粉が付き受粉されるという仕組みになっています。





と、このような作業を今やっています。

花が散るまでの短い期間でやらなければならないので、

今は、大忙しです。

美味しく、立派なりんごを育てるために、このような見えない作業もやっているんですよ。
スポンサーサイト

| 5月の農作業 | 18:02 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

花粉取りと授粉用の花粉作り

みなさん、おはようございます。

この時期、人工授粉用の花粉を採る為、花摘みをしています。

この花から花粉を取り出します。



まず風船状になった蕾を機械で砕き、花びらと花粉のもと(おしべ)を分けます。





分けたら、ふるいにかけ余計なごみを取り除きます。



取り除くとこんなにきれいになりました。

新聞紙に均等に広げます。



これを乾燥機に入れ、温度は25度に設定。

24時間後に取りだします。



出来上がりがこちら、



カラカラになった状態です。



指で触ってみて、花粉が付く状態であれば完成です。



これをふるいに入れ、花粉増量剤(石松子)と混ぜて出来上がりです。

混ぜる分量ですが、花粉24gに対し花粉増量剤(石松子)100gです。1対4の割合です。





これを、機械(らぶたっち)に入れ交配作業をします。



それから、来年用に貯蔵用花粉も作っておかなければなりません。

約25gづつ袋に入れます。シリカゲル(乾燥剤)を瓶に入れ、花粉の袋もその瓶に入れます。

その瓶を冷凍保存しておき、来年の人工受粉に使うんですよ。

| 5月の農作業 | 08:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

除草剤散布

みなさんこんにちは

今年借りたりんご園地には、ギシギシが、いっぱいです。

肥料食いの雑草!
しぶとい雑草です。

津軽では、ギシギシの事を、シノベと、言います。

大飯食らいのギシギシに除草剤を散布してます。

10a当たり100リットルくらい使っています。


これがギシギシです。



散布風景

| 5月の農作業 | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3回目薬剤散布

青森で感動のりんごを作っている「まさひろ林檎園」のまさひろです。

今日は3回目の薬剤散布です。

天気も良かったし、風も気にならなく絶好の薬剤散布日和でした。

今日も会津宏樹と共同で散布してます。

りんごの花ももう終わりです。

機械の風邪で一斉に吹き飛ばされてしまいました。

美味しいりんごの実を付けてくれよ!



| 5月の農作業 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

りんごの木の古い皮はぎ作業

青森で感動のりんごを作っている「まさひろ林檎園」のまさひろです。

いつもは4月中の作業なんですが、今年は雪解けが遅いせいで

作業が大幅に遅れています。

すでに葉っぱが出てきていますが、りんごの木の古い皮

人間で言うと角質層を落とす作業です。


あともう一つは、腐乱病の除去も合わせてやっています。

こうやって高圧できの皮を飛ばしていきます。




すると、この木は又の部分が腐乱病になっています。

腐乱病とは字のごとく、木の皮が腐っていく病気の事です。



この部分を高圧洗浄機やると、病気の部分が柔らかくなっているので飛んで無くなるんです。

さらに、少し大きめに幹部を取り除いて完了です。

茶色くなった部分が腐乱病の皮が付いていた部分です。

この後、しっかりと幹部を保護する為の薬を塗っておきます。

| 5月の農作業 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

薬剤散布の日

青森で感動のりんごを作っている「まさひろ林檎園」のまさひろです。

本日第1回目の薬剤散布の日です。

今日は、農業仲間の会津宏樹と薬剤散布をしました。

まだ26歳の若手バリバリの青年です。会津宏樹りんご園

彼とはまだ1年ちょっとの付き合いですが、考えが似ていて意気投合しちゃいました。

年なんて関係なくなっちゃいますね。

仲間と一緒にりんご作りを盛り上げていければと考えています。


農薬散布作業です。

こんな感じで農薬散布するんですよ!



| 5月の農作業 | 11:40 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

つがるのりんご肥大

みなさんこんばんは

このりんご、何の品種かわかりますか?

つがると言うりんごの品種ですが、

もう、こんなに大きくなっています。

約18ミリです。

8月末くらいには収穫が始まるんですが、

あと、2ヶ月半で9センチくらいまで成長するんですよ。

あっという間に大きくなりますね

りんごって1日に1ミリ成長するんですよ

| 5月の農作業 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒星病発見(+_+)

みなさんこんばんは

うちの畑(りんご園地)は里と山の方を合わせて5か所にあります。

里の畑では、モニリア病が大発生しております。

おまけに、今日黒星病を発見しました。

こんな感じで葉っぱに付いています。

青森県りんご研究所の発表でも今年は黒星病hの発生が多い予報が出されています。

こんなに早く黒星病が発生するなんて!!!

ちょっとショックです!




里の畑は、山の畑に比べると気温が高いせいか病気や害虫の被害が多いんですよ。

里の摘果作業が終わったので、今日から山の畑に摘果作業に行っていますが、

モニリア病はほとんど見られませんでした。

| 5月の農作業 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんごの花も散り・・・・

みなさんこんばんは、

りんごの花も散り、結実したりんご達がこんな具合になってます



これから、だんだん肥大していきます。

りんごを大きい物にする為に、良い実を選んで1個に摘果する作業がこれから続きます。

6月いっぱいは摘果の作業になりそうです。

その後、見直し摘果と言って1個にしたりんごを更に良い物だけを選んで残し、

不良果を落としていきます。

| 5月の農作業 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんごの栄養剤

みなさんこんばんは

今年も、りんごの木を元気に!りんごも甘く美味しくなるように液肥を使います。

忌避作用といろんな効果のある、木酢液です。

その他、PKマグです。リン酸、カリ、その他微量要素が入った栄養剤です。

うちでは、肥料を土に入れていません。

その代わり、即効性のある液肥を葉面散布し葉から吸収させています。



それから、今年も日照不足の可能性があると予想されていますので、

光合成を補う為に、アミノ酸を使用します。

アミノ酸を入れることで、活発に光合成をしてくれる効果が期待されます。


また、これらの液肥を入れることで、りんごが甘くなり糖度アップにつながります。

昨年、私の作った、葉とらずサンふじの糖度は平均16度でした。

葉とらずサンふじだけで絞ったりんごジュースでも、15度もあります。

砂糖や水は一切使っていないのに、砂糖を入れたの?と良く聞かれるんですよ!

使っているのは、これ



| 5月の農作業 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。