まさひろ林檎園農業日記

まさひろ林檎園の日々の出来事を紹介!りんご作りの作業や失敗談など・・・!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

キーゼライト全園地散布

青森で感動のりんごを作っている「まさひろ林檎園」のまさひろです。

梅雨だと言うのに、雨が降らない!

いい加減、雨よ降ってくれ~~~~~!



今日は、りんご園地へキーゼライト(硫酸苦土)を散布!

まあ、塩分を抜いた塩?みたいな感じの物です。

地下1000mから掘り出した、天然の硫酸苦土です。



土壌中のリン酸の吸収を手助けしてくれるそうですが、

初めて使うので、どの様な変化が出るのか楽しみです。

一昨日、80a散布し、今日は野菜畑を入れ260aやっつけました。

時間的には1日分ですが、約340a(3町4反)全部で80袋散布しました。

1袋15kgなので、1200kg散布した計算です。

ズシっと肩に食い込んでいたので、方が痛いです。

今日は、大汗かいたので痩せたかも



スポンサーサイト

| 7月の農作業 | 20:36 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

サンつがる収穫まで、あと1カ月!

みなさんこんばんは

昨日と今日は生憎の天気で曇り時々雨ですが、まとまった雨ではないので

もっと雨がほしいですね




当店では、サンつがるの収穫が始まるのが8月下旬なんです。

収穫の時期を逆算してストッポール(落下防止剤)を散布します。

収穫日から25日前に散布することで収穫時期をコントロール出来るんです。

ストッポールと混合で液肥(リン酸、カリ、その他微量要素)を500倍で散布することで

収穫時期をある程度そろえる事が出来ます。




サンつがるは、熟す時期がバラバラで初めに熟す物と最後に熟す物では

約1カ月ほどずれて熟す為、3回くらいに分けて収穫するんです。

ちょっと説明がちんぷんかんぷんですいません。



といった感じです。

| 7月の農作業 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7回目薬剤散布

本日、7回目の薬剤散布です。

薬剤は下の薬剤を使用しました。

| 7月の農作業 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕上げ摘果!(2番すぐり)

みなさん、こんばんは

今日は、弘前も32度くらいまで気温が上がりました。
先日東北北部も梅雨明けしたと発表がありました。

梅雨明けそうそうに32度とは、暑すぎます
家では1年間にエアコンを使う日が数日しかありませんが、
今年は何回使うのでしょうか?

と言う所で、先日摘果作業のお話をしました。
動画でアップしたと思いますが、
過去の記事はこちら

と畑にある木、全部をりんご1個にしていく作業です。

その作業が終わると、今度は2回目の摘果(仕上げ摘果)こちらの方言では、2番すぐりと言います。
が、りんごを確認しながら、良品のりんごだけを残し、小さい物や傷が付いた物、サビなど商品価値の下がる物を落としていく作業です。

現在りんご(この写真は「ふじ」です)ゴルフボールくらいになっています。


品種により、多少大きさは違いますが、この所の天気に恵まれて順調に育っています。

この、仕上げ摘果をしながら、余計な枝の整理をします。
余分に伸びてしまった枝を、木の中までお日様が入るように切り落としていきます。

ビフォーIMG_0598.jpg 

アフターIMG_0615.jpg

写真ではあまり分かりずらいと思いますが、多少枝の込み合い具合が違うと思います。
枝が下がってきた所には、支柱を入れたり、ひもで枝釣りをして光を入れることもします。

この仕上げ摘果が終わると、もう一度「見直し摘果」をします。
ならせ過ぎや見落としの部分を確認する意味で見直しをするんですよ

摘果だけでも3回も回るんです
りんご1個に何回手がかかっているのか、数えた事はありませんが、
10回くらいは手がかかっていると思います。

この苦労を分かって頂いた上で、りんごを召しあがって頂けると、
味わい深いりんごの味がするかも知れませんね

| 7月の農作業 | 00:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つがるのリンゴにサビが...!

みなさんこんばんわ



こんな感じでサビが出ていました。
いつもの年より、サビが多いんです。
困ったものです。


このリンゴみたいにサビが余りにも多いと、落とされてしまいます。
このまま、ならせておいても規格外品にしかならないのですよ。

また、ひどいものは割れが入っているのもありました。

つがると言うりんごはサビの多いりんごなんですよ。

ふじのりんごには殆んどサビがありませんでした。

| 7月の農作業 | 21:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんごの袋掛け作業

みなさんこんばんは

みなさんに、お知らせがあります。
ブログネーム改名で

りんご君  まさポン に変更しました。
それから、ブログの題名も変更しました。

まさひろ農業日記 のに変更しましたので、よろしくお願いいたします。



といった所で、りんごに袋を掛ける作業を動画でアップしました。



1個づつ袋を被せていくのですが、大変な作業です

| 7月の農作業 | 22:52 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんご園 2回目の草刈り

みなさんこんばんは、

昨日の事ですが、更新サボってしまったので。。。

今日お知らせします。


りんご園の草刈り、昨日2回目です。
が、我が家は5か所に畑があるのですが、そのうちの
2か所だけしか、まだ2回目の草刈りをしていません。

残りの3か所はまだ、1回目の草刈りをしただけです。
草は伸びていますが、まだそれほどでもないので、まだ草刈りをしません。

ちょっと、この写真を見てください。IMG_0562.jpg

となりの畑と家の畑です。
土の色が違いますよね!

なぜでしょう?  もともと土の色が違うから。。。!

とか言って、実はとなりの畑では土肌ギリギリで草を刈っていて、土まで削って
草を刈っているんです。

さて家はと言うと、草刈りの刃をを高くして刈っているので、
土まで削ることはありません。

我が家ではクローバーと言う草が多く自生しているんですが、
クローバーと言う植物はマメ科の植物なんですよ。

植物は窒素成分を栄養として成長します。
マメ科の植物は空気中の窒素分を根にため込む性質があります。
その為、クローバーが多く生えている所では、自然の窒素分を吸収出来る為
肥料をやらなくても植物が育つんです。

我が家では5年前からりんご園に肥料を入れておりません。
無肥料栽培と言う事になりますが、土壌の微生物を増やす為に
3年~4年に1回完熟堆肥を投入しています。

りんごは肥料をやらなくても、大きくもなり、美味しくもなります。
愛情込めて木の世話をしていれば立派に育ってくれるんですよ。

と、話が長くなってしまいましたが、草刈りをしていたら、

これ→ IMG_0559.jpg IMG_0564.jpg なんだと思いますか?

りんごの実に黒っぽいホクロ見たいやつ。

これって、黒星病っていう病気なんです。

家ではたまにあるくらいで、大した被害はありませんが、

場所によっては、全体の9割も黒星病が付いた園地もあるそうです。

春先の天候にで薬剤散布の間隔が空きすぎた結果のようです。

適正な時期に適正に散布しないと、こんな結果になってしまうんですね!

春先の花が散るまではきちんと薬剤散布しないといけないと、

改めて実感しました。



今日は、まとめて更新してるので下の方もご覧いただければ

うれしいです。

   

| 7月の農作業 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |