まさひろ林檎園農業日記

まさひろ林檎園の日々の出来事を紹介!りんご作りの作業や失敗談など・・・!

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

1回目薬剤散布

こんばんは、

今日は、1回目の薬剤散布です。

今朝は4時30分起床しスピードスプレーヤと言う機械で

薬剤散布です。今朝は曇りでしたが薬剤散布終了後に

雨に降られてしまいました。

でも、風があったし薬剤が乾いてからでしたので、

まあ、無駄にはならなかったかな!と思います。


薬剤散布は天気を見ながら行います。風の強い日や雨の日は

避けています。薬剤が乾かないうちに雨に降られたら、薬剤が

流れ落ちてしまい無駄になってしまいますからね!



本日の薬剤、

マシン油 200倍
ベフラン 1000倍
竹酢液  2000倍

竹酢液にホタテの粉を溶かし込んでいます。
ホタテの粉を溶かし入れることにより、りんごの木に
カルシウムを補給でき、りんごの実が固く出来るのです。

関連記事
スポンサーサイト

| 4月の農作業 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんごの農薬使用履歴

このページは、りんごに使う農薬の使用履歴を紹介しているページです。

我が家では、安全で美味しいりんごを作る為、工夫しながら、

農薬を減らす努力をしています。

青森県の特別栽培農産物の既定農薬使用基準に基づき使用し

独自にアレンジして農薬を減らしています。

皆さんに、うまいと言ってもらえる安全なりんごを作っています。

使用農薬や、希釈倍数などご紹介いたします。
どんなふうに、使っているかご覧ください。


液体肥料系は下記の5種類です。

竹酢液、りんご原料の液肥、PKマグ、トップハーベスト、プラントシャワー
IMG_0490.jpg IMG_0493.jpg IMG_0489.jpg IMG_0491.jpg IMG_0546.jpg



農薬使用履歴
青字は殺菌剤 赤字は殺虫剤 緑字は液肥及び天然成分防虫剤などです。

1回目:4月29日
ベフラン           1000倍 殺菌剤
マシン油            200倍 殺虫剤
竹酢             2000倍 天然殺菌防虫剤(ホタテ貝粉入)
りんご原料の液肥    10000倍 HB101的な成長促進剤

IMG_0485.jpg IMG_0488.jpg


2回目:5月9日
オンリーワンフロアブル  2000倍 殺菌剤
竹酢              2000倍 天然殺菌防虫剤(ホタテ貝粉入)
りんご原料の液肥     10000倍 HB101的な成長促進剤

IMG_0444_convert_20100509214439.jpg


3回目:5月24日
スコアMZ           500倍 殺菌剤
ファイブスター        2000倍 殺虫剤
竹酢              2000倍 天然殺菌防虫剤(ホタテ貝粉入)
りんご原料の液肥     10000倍 HB101的な成長促進剤
PKマグ           2000倍 成長促進剤
トップハーベスト      2000倍 成長促進剤

IMG_0480.jpg




4回目:6月8日
ジマンダイセン水和剤     1000倍 殺菌剤 (通常基準倍率500倍)
ダイアジノン水和剤      2000倍 殺虫剤 (通常基準倍率1000倍)
竹酢              2000倍 天然殺菌防虫剤(ホタテ貝粉入)
りんご原料の液肥     10000倍 HB101的な成長促進剤
PKマグ           2000倍 成長促進剤
トップハーベスト      2000倍 成長促進剤

IMG_0495.jpg



5回目 6月25日

今回新たに液体肥料(プラントシャワー)を入れました。
ゲルマ酵素の力を試してみたいと思って取り入れました。(年3回)

チオノックフロアブル  1000倍 殺菌剤 (通常基準倍率500倍)
モスピラン水和剤    8000倍 殺虫剤 (通常基準倍率4000倍)
竹酢              2000倍 天然殺菌防虫剤(ホタテ貝粉入)
りんご原料の液肥     10000倍 HB101的な成長促進剤
PKマグ           2000倍 成長促進剤
プラントシャワー      2000倍 成長促進剤


IMG_0543.jpg



6回目:7月9日
ユニックスZ  1000倍 殺菌剤 (通常基準倍率500倍)
バリアード    8000倍 殺虫剤 (通常基準倍率4000倍)
竹酢              2000倍 天然殺菌防虫剤(ホタテ貝粉入)
りんご原料の液肥     10000倍 HB101的な成長促進剤
PKマグ           2000倍 成長促進剤
トップハーベスト      2000倍 成長促進剤


IMG_0544.jpg




7回目:7月24日

ベフラン   2000倍 殺菌剤 (通常基準倍率1000倍)
サイハロン  4000倍 殺虫剤 (通常基準倍率2000倍)
竹酢              2000倍 天然殺菌防虫剤(ホタテ貝粉入)
りんご原料の液肥     10000倍 HB101的な成長促進剤
PKマグ           2000倍 成長促進剤
プラントシャワー      2000倍 成長促進剤


IMG_0623.jpg



8回目:8月7日

キノンドー   2000倍 殺菌剤 (通常基準倍率1000倍)
竹酢              2000倍 天然殺菌防虫剤(ホタテ貝粉入)
りんご原料の液肥     10000倍 HB101的な成長促進剤
PKマグ           2000倍 成長促進剤
ふくまろ(ニームオイル) 2000倍 成長促進剤(ダニ病除として使用)


IMG_0627.jpg



8回目:8月22日

ストロビーDF   6000倍 殺菌剤 (通常基準倍率3000倍)
ロディー  2000倍 殺虫剤 (通常基準倍率1000倍)
竹酢              2000倍 天然殺菌防虫剤(ホタテ貝粉入)
りんご原料の液肥     10000倍 HB101的な成長促進剤
PKマグ           2000倍 成長促進剤
プラントシャワー      2000倍 成長促進剤


IMG_0791.jpg



7回目:9月1日~2日

ベフラン   2000倍 殺菌剤
モスピラン  4000倍 殺虫剤
竹酢              2000倍 天然殺菌防虫剤(ホタテ貝粉入)
りんご原料の液肥     10000倍 HB101的な成長促進剤
PKマグ           2000倍 成長促進剤

IMG_0793.jpg



7回目:9月15日 
すす病予防のため9月中旬に散布しています。
今年は暑さの影響で虫の発生が多いので最後にもう1回殺虫剤を入れました。

ストライド顆粒水和剤   1500倍 殺菌剤
ロディー         1000倍 殺虫剤
竹酢            2000倍 天然殺菌防虫剤(ホタテ貝粉入)
PKマグ           1200倍 成長促進剤

IMG_0795.jpg

22年度の薬剤散布はこれで終了となります。

| 22年農薬散布履歴(りんご | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

弘前の桜が今日開花!

こんばんは、

いつもご覧いただきありがとうございます。



弘前は桜で有名ですが、今年は寒さで開花が例年並みと

ゴールデンウィークに合わせて満開になりそうです。

そんな、弘前の桜も外堀の南側で開花が確認されました。


弘前公園の標準木の桜はまだ開花していませんが、

明日4/27の開花予想です。


弘前公園の桜祭りは見事なまでにきれいな桜です。

是非、観光に来てください。

お待ちしております
関連記事

| 今日の出来事 | 22:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんごの接ぎ木

こんばんは、

いつもご覧いただきありがとうございます。

何かと忙しく、毎日更新できなくてすいません。

春の作業はなにかと忙しくて毎日バタバタしています。


今日は、先日苗木屋さんから購入してきたワイ化の苗木を植え、

皆さんも良くご存じの「ふじ」の接ぎ木をしました。

接ぎ木の方法も何種類かあり、

昔ながらの、接ぎ木をして袋を掛ける方法と

メデールテープというテープを巻く方法をご紹介します。


まずは、袋を掛ける接ぎ木方法です。
袋を掛けてやる場合は、ある程度芽が出て葉が出てきたら、
少し袋を破ってやらないと、袋の中が暑くなりすぎて枯れてしまします。
ある程度枝がのびてきたら、全部破ってあげます。

IMG_1608.jpg


次は、メデールテープでの接ぎ木方法です。
この方法は、凄く簡単で芽が出てきたら勝手にテープが破れて芽が伸びていきます。
後は、成長していくのを見守ってあげるだけです。

IMG_1606.jpg


りんごは、「ふじ」などの品種が成る枝と根は別物なのです。

りんごの根の部分は、あまり木が大きくならないように、

台木という物を接ぎ木して使います。



話が少し飛びますが、りんごの種を植えると同じりんごが実ると思っている

方が多いと思いますが、りんごの種を植え大きくしても同じりんごは実りません。

りんごの木を増やす場合は、全て接ぎ木をして増やさなければならないのです。

野菜のように、種を植えれば実になれば良いんですがね~


ちょっと参考までに



ワイ化の台木をこのように植えておき、この台木に品種の枝を接ぎ木して
ある程度大きくなるまで養成しておきます。
約3年ほどこのまま育て、定植する所へ持っていきます。

IMG_1602.jpg


と、まあ接ぎ木はこのくらいにしといて、

りんごの芽がこのくらいに膨らみました。

IMG_1617.jpg

この先っちょが少し赤くなっているのですが、その赤い部分が

花が咲くつぼみです。


また、サクランボの芽もこのくらい大きくなっていたのでご紹介しておきます。

IMG_1620.jpg

まだ寒いので、芽の動きもゆっくりですがもうじき一気に花が咲き乱れます。

また、開花した時も紹介しますので、お楽しみに
関連記事

| 4月の農作業 | 21:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野菜の種まき

みなさん、こんばんは、

今日の午前中は、一昨日種苗店へりんごの苗木を

取りに行ってきたんですが、その苗木を定植しました。

苗木は、ワイ化苗木(M9)200本と、葉とらず様にコスモふじ10本

小雪(青り27号)という品種5本を定植しました。

午後から雨が降ってきて、

ハウスの中で、野菜の種を箱にパラパラとまき、苗作りに挑戦です。

野菜は、ビールに欠かせない枝豆(地元有名な毛豆)この枝豆は

私個人的には、だだちゃ豆より美味しいと思います。

コクがあって癖になります。

他の枝豆は食べられなくなりましたよ。


枝豆、2種類

きゅうり

ブロッコリー

トウモロコシ(ゴールドラッシュ)


とこんな感じで今日の作業終了です。

芽が出てきたら、また紹介いたします。

関連記事

| 今日の出来事 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は大忙し!

今日は、稲の播種作業の日です。

朝7時スタート!

IMG_0382.jpg

こんな感じに育苗箱に種もみをまき上に土を被せます。

土と土の間に種をサンドします。

すると、こんな具合になります。

IMG_0385.jpg


まず、最初に育苗箱の下土を入れて準備しておきます。

機械に入れていくと、種と土が被って出来上がりです。

IMG_0383.jpg

IMG_0384.jpg

IMG_0385.jpg

IMG_0381.jpg

出来上がった物を積んで置き、播種作業終了したらハウスに設置します。

IMG_0388.jpg

こんな感じに並べたら、水を掛け上にシルバーのシートを掛けます。

一応これで終了です。


何日かすると芽が出てきますので、水と温度管理をしながら

田植えの時期まで育てていきます、。

生育状況は、また後日報告させていただきますね


7時開始で10時頃終了しました。


その後、田んぼに稲わらを昨年ロールにしてして置いたのがあるので

稲わらを集めて山積みにし堆肥にします。

稲わらは、土にとても良く野菜用の堆肥になります。

循環型農法です。土に返してやります。

エコしてますよ

昨年、馬の堆肥が良い感じに出来上がってましたので紹介しておきます。

IMG_0416.jpg


集めてきた稲わらは、こんな感じに山積みにしていきます。

IMG_0417.jpg

友達も手伝いにきて、50ロール位貰って行きましたので、

今年はこのくらいしか残りませんでした。

その他にも欲しいという方には、お譲りしています。

来年の春には、この山は半分以下になっている事でしょう



稲わらの片付けが終わり、今度は田んぼに基肥料をまきに行きました。

背中に肥料1袋(20kg)を背負い手まきしていきます。

我が家では5反歩の田んぼがあり、10袋(200kg)投入しました。

IMG_0405.jpg

肥料は、弘前農協指定のつがるロマン専用肥料です。

IMG_0393.jpg

こんな袋に入ってます。

背中に背負っている袋の中には、粒状の肥料がいっぱいです。

IMG_0394.jpg

そんなこんなで、作業も終わり、りんご園のりんごの芽を見たら

かなり生育が進んでいました。

IMG_0391.jpg

ちょっと見にくくてすいません。

ピンボケでした。

今日はこんな感じで芽が大きくなってました。

あと、3週間くらいでりんごの花も満開になるでしょう!


弘前は桜で有名ですが、りんごの花も良いですよ!

一度見て頂きたい光景です。



今の時間に、霜対策の防霜ファンが回りだしました。

ブ~ンと音が聞こえてきました。

明日の朝も霜が降りそうです。

今年は、野菜も果物もあちこちで被害が出ていて不作の年になりそうですね

野菜が高くて大変ですよね
関連記事

| 米が出来るまで | 22:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風の強い一日

こんばんは、

今日は一日風の強い日でした

と言うか、昨日から風が強かったのですが...

昨日の夜中に風の音で目が覚め、ハウスが心配になり見に行ったりして!

なんとも無かったので

また、布団にもぐり込みました。

うとうととして間もなく、トタンのガシャガシャという音で

芽が覚め、あっ!屋根のトタンが剥がれたと思い

また、外へ!  


大丈夫でした。

外に積んでいたトタンなのですが、飛ばないように重石をして置いたにも

関わらず、そこらへんに飛び散っていました。

また、片付け一先ず安心しました。



その後、また布団に入るも眠れず、5時30分に起きてしまいました。

そのまま、テレビを見ていました。



今日はハウスの中で苗床を設置する地面の整地をして、準備完了

16日に種まきをし設置をする予定です。
関連記事

| 今日の出来事 | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんごの芽出し

今日もりんごの木の、洗浄をしてました。

今日で終わる予定でしたが、残り10本で暗くなってしまい、

今日の作業を断念しました。

明日は早朝に終わらせてしまう予定なので4時起きです。

何かと忙しい春の作業、時間が足りないです

今日は早く寝ます。

おやすみなさ~い



って肝心な、りんごの芽出しの話をしていませんでしたね!

りんごの芽が膨らみはじめ、芽が割れてきました。

もう少ししたら若葉が出てきますよ。


家に4月4日に剪定した枝を持ってきて、花瓶に挿していたのが

こんな感じに芽が出てきました。

IMG_1601_convert_20100412211024.jpg

りんご園の木も今月末か来月上旬には

こんな具合になると思います
関連記事

| 4月の農作業 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お米を作るための作業

今日は、お米の出来るまでの最初の方の作業を
ご紹介します。

我が家のお米は、JAのクリーンライス用に栽培しています。
減農薬栽培のお米を作っています。

詳しくはこちらをご覧ください。

先日、稲の種(種もみ)を24時間消毒して、2日に1回水を交換しながら、

種もみを育苗箱に設置するまで水に浸しておきます。



これは、育苗箱に入れる土です。



この土に、土用の肥料と消毒剤を入れ混ぜておきます。

こんな風に

IMG_1594.jpg

入れた肥料と、消毒剤はこちらです。

IMG_1591.jpg

IMG_1592.jpg

IMG_1595.jpg

肥料を計量し規定通りに混ぜ合わせます。

と今日はここまで、


写真に写っている、爺様は私の父です。

82歳で現役です。

爺様には、いつも感謝感謝で頭が下がります。


いつもありがとう

長生きして下さいね
関連記事

| 米が出来るまで | 20:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木の洗浄

みなさん、こんばんは

今日は、家の裏にある園地で作業をしました。

こんな感じです。

何をしているのか分かりますか?

木を洗っているように見えますが、この作業は古い皮を剥いでいるんです!

高圧の水で吹き飛ばしているんです

IMG_1569A.jpg

黒い部分は一昨年感染した部分で、茶色い部分は去年腐乱病に感染した部分です。

感染した部分はの幹の部分も変色してしまいます。感染した部分より

少し大きく皮を取り除き、感染部分を完全に取り除いてやらなければ

なりません。

年々、感染部分が広がってきていますよ



この作業、車を洗うスチーム洗浄みたいでしょ

実は、この作業は通常手作業で行う作業なんです。

手作業では、ナイフや皮をはぐ特殊な道具で行ううんですよ!

写真が無いので、今後紹介しますね!



地元では、「カビはだけ」とか「古皮はぎ(こっぱはぎ)」などと言い、

古い皮がはがれてきているので

その皮をはぐ作業なんです。

人間でいうと、「角質をとる」と言うところでしょうか!



近年、手間がかかるため、この作業をしない人もいます。

家では、昨年から高圧洗浄機で古い皮をはいでいます。

この機械は20万円くらいしますが、最近機械を使う人が増えてきているんです。

やはり、人手不足が原因ではないでしょうか?



この「カビはだけ」の作業は、腐乱病の発見と処置、

害虫の卵や越冬している虫の駆除の役目もします。

これをやっておくと、若干ではあるが虫も腐乱病も減っいる

様な気がします。



この高圧洗浄機は、車を洗う洗浄機と全く違い、

霧状に見えますが、実は高圧でストレートに出ていて

グルグル回転しているのです。


間違って、手を当ててみようものなら、手に穴があいちゃいますよ

作業軽減と農薬を減らす為に私は行っています。

木をしっかり管理し、健康で丈夫な木を育てるために

色々と工夫しながら、安心なりんごを育てています。


環境に優しい農業実践中です。

腐乱病の所は、きれいに吹っ飛ばされます。

病気に感染した部分が無くなるので、早く皮が盛り上がってくる

ように私は感じています。

でも、一度腐乱病にかかってしまうと、きれいに洗浄したつもりでも

また感染していきますが、洗浄しないよりは感染の率が下がります。



腐乱病は、自分の園地にも被害が出ますが、周りの人の園地にも迷惑を

掛けるので、腐乱病の処置は春の一番大事な作業なんですよ。
関連記事

| 4月の農作業 | 20:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

剪定作業終了

今日で、無事に剪定作業終了しました。

りんご作りで一番大事な作業の剪定作業ですが、

誰が剪定作業をしても、りんごが生るのですが、

木の剪定で木の生育やりんごの味自体も変わります。

剪定師として、技術がいる仕事で、剪定も他から頼まれて

毎年切りに行っています。



今年は、約50町歩(約50ha)の面積の剪定作業をしました。

今日最後の園地は山手と里に行き、山手の園地はまだ雪が40cmくらい残っていました。



一方、里の園地は全く雪がありませんでした。

IMG_0374_convert_20100404200406.jpg

写真を見て、気が付いた方がいるかと思いますが、

木の大きさ(栽培方法)が違います。



上の雪がある園地は通常栽培の大きな木を栽培する方法です。

下の写真は、密植栽培でコンパクトな大きさの木を密植して

栽培する方法(わい化栽培)です。



近年、わい化栽培に変わってきていますが、

まだまだ、通常栽培の方が主流です。

作業性と収穫量を考えるとやっぱり、わい化栽培の方が有利です。

私も徐々に、わい化栽培に移行していこうと思っています。



夕方、自分の園地に行き、この前太い枝を切り落とした木の

片付けをしてきました。

ふと、近くの土手を見たら、

IMG_0376_convert_20100404200443.jpg

ふきのとうが出ていましたので、少し採ってきました。

明日は、天ぷらにしようっと
関連記事

| 今日の出来事 | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |